輝石の王様ダイヤモンド

永遠の輝きダイヤモンド

給与3か月分のダイヤモンド

有名なキャッチコピーに婚約指輪は給与3か月分とあるけれど、ダイヤモンドだとどれくらい大きなものが買えるのでしょうか

「婚約指輪は給与3ヶ月分」という言葉は、1970年代の有名なキャッチコピーです。そして、婚約指輪と言えばダイヤモンドです。このキャッチコピーが皆さんの頭の中にありますが、実際にどの程度の人が給与3か月分のダイヤモンドの婚約指輪を購入しているのでしょうか。実際には1/4から1/5程度、もっと少数の人しか給与3か月分という大金を指輪につぎ込んでいません。婚約指輪の平均購入代金は30万円~40万円程度の人が多いのです。サラリーマンの平均年収の409万円から考えると、給与3か月分だと100万円近い金額となり、かなり生活を圧迫するほどの大金であることがわかります。

それほどの値段をダイヤモンドの婚約指輪につぎ込むと、どれほどの大きなダイヤモンドが買えるのでしょうか。ダイヤモンドの値段は大きさだけでははかることはできません。ダイヤモンドには値段に直結する品質グレードに、4Cというものがあります。1つ目は大きさであるカラット、2つ目は切り方のカット、3つ目は内包物や傷の有無のクラリティ、最後に色であるカラーです。それぞれのグレードにより価格は大きく異なります。他にも一流高級ブランドであるのかなども、値段に大きな違いをもたらすため、給与3か月分を用意した場合に、どんな大きなものが買えるのかは一概に言えません。

実際にプロポーズをする方、プロポーズされる女性、人それぞれにどの4Cにこだわるのか異なります。大きいダイヤモンドを選んだ場合、給与3か月分あれば、1カラット以上のかなり大きなもの用意することができます。しかし、目に見えてわかるほど色が黄色かったり、目に見えるような傷があったり、自分の望む形にカットされてていないなど、ただ大きいだけでがっかりしてしまう場合もあります。ブランドにこだわる人は、デパートに入っている老舗ブランドでないと嫌な場合もあります。

実際にプロポーズなどで婚約指輪を選ぶ場合は、ただキャッチコピー通りに給与3ヶ月分の大金を大きなダイヤモンドに費やすのではなく、相手のことを想像し、考え、実際に話しているときに直接聞くなどして好みを確認して、選んではいかがでしょうか。値段だけでなく、その人のことをしっかり考えられたプロポーズの指輪なら、給与3か月分の値段のもので無くても喜んで受け取ってもらえるかもしれません。何にこだわるのかはその人次第です。後悔しない婚約指輪選びをしてください。

PRサイト

ダイヤモンド買取の業者を徹底比較

ダイヤモンドの買取ならダイヤモンド・金・銀・銅など無料査定

信頼できるダイヤモンド買取店市場