輝石の王様ダイヤモンド

永遠の輝きダイヤモンド

結婚の誓いに

婚約指輪にダイヤモンドを

結婚の誓いにダイヤモンドの指輪を選ぶという人が多いようですが、婚約指輪には必ずダイヤモンドを選ぶという決まりがあるわけではなく、真珠や誕生石などの指輪にするという人もいます。それなのに何故たくさんの人が婚約指輪にダイヤモンドを選ぶのか、疑問に思うこともあるかもしれません。単純に綺麗だから、昔からそう決まっているからといった理由で選ぶ人もいますが、ダイヤモンドを選ぶ際にその理由やルーツについて知っておくと、より一層ダイヤモンドの指輪に対する愛着がわくようになります。

まず、ダイヤモンドという名前は、ギリシャ語で「征服不能」を意味する「アマダス」という言葉から生まれたと言われており、ギリシャの人々はその輝きを普遍の愛の炎と信じていたのかもしれません。ダイヤモンドの硬さについては誰もが知っていることだと思われますが、どんなことをしても傷付くことはなく永遠に輝き続ける物質であることから、愛が永続的に続くという意味へと繋がっていったようです。

また、婚約指輪にダイヤモンドが使われるようになったのは16世紀初頭のヴェネツィアであるとされており、ダイヤモンドの婚約指輪には古い歴史があるのです。当時から貴重で高価な宝石として知られていたダイヤモンドは、身分の高い人やお金持ちの人達にとても人気があり、そのような人達がよく婚約指輪として使用していたのでしょう。また、指輪というもの自体がヨーロッパで発祥したとされ、かつては魔除けとして使われていたようですが、少しずつ装飾品としても使われるようになってきたのです。

ダイヤモンドは壊れたり傷つくことがなく永遠に輝くものとして人気のある宝石ですし、リングにも終わりや始まりがなく永遠というものを意味しているため、ダイヤモンドの指輪は永遠の愛を誓うための使われる婚約指輪にぴったりなアイテムなのです。また、ダイヤモンドの無色透明さが純潔を意味することもあるので、誰にも壊すことのできない固い絆とピュアな愛を象徴するため、ダイヤモンドの指輪は結婚の誓いに定番となっていると言うこともできるでしょう。さらに、ダイヤモンドの原石0.2gを取り出すためには約250gものを鉱石を採掘するという必要があり、宝石として使うことができるのは原石の中の2割程度しかないのです。その他の宝石にはない希少性もまた、ダイヤモンドの不思議で神秘的な魅力の一つと言うことができ、美しさだけでなく耐久性や希少性まで兼ね備えたダイヤモンドは、一生に一度のプレゼントとして最適なのです。

PRサイト

ダイヤモンド買取の業者を徹底比較

ダイヤモンドの買取ならダイヤモンド・金・銀・銅など無料査定

信頼できるダイヤモンド買取店市場