輝石の王様ダイヤモンド

永遠の輝きダイヤモンド

ダイヤモンド買取の知識。加工とコーティングダイヤモンドについて

ダイヤモンド買取の知識には、加工されたダイヤの話もあります。例として、ダイヤの色を変えて偽のファンシーカラーダイヤモンドに仕上げたコーティングダイヤモンドが挙げられるでしょう。

コーティングダイヤモンドとは、その名の通り膜を被せたダイヤの事です。元のダイヤとは異なる色に見えるように、色付きのコーティングをする事で、貴重なファンシーカラーダイヤモンドに見せかける技術として用いられます。

こうした加工が施されるダイヤには、グレードの低いダイヤが用いられる事があるものです。この為、ファンシーカラーダイヤモンドが安く売られていると思って購入してしまうと、後にコーティングが剥げたり、鑑定を受けたりした時に、偽物だと気づく恐れがあります。

天然の価値あるダイヤと、価値の低いダイヤにコーティングを施した偽物とは、ダイヤモンド買取の鑑定士や査定員のようなダイヤの専門家からは厳しく区別されています。また、ダイヤモンド買取のようなダイヤの市場でも、その価格に大きな違いがあるものです。この為、ファンシーカラーダイヤの購入時は、偽物でないかどうかを厳しくチェックする必要があると言えるでしょう。

コーティングダイヤモンドは、かつてコーティングそのものが粗悪なものでした。すぐに剥げてしまったり、ちょっとした検証作業で落ちてしまったりと、偽物と見破るのもそこまで難しいものではなかったものです。しかし、近年のコーティング技術向上により、コーティングは剥げにくく取り除きにくいものになってきています。

こうしたコーティング技術の向上は、ダイヤモンド買取の鑑定士や査定員のようなプロの目でも見分けるのが難しいものです。専門知識を持たない一般の消費者が、その真贋を見極めるのは困難を極めると言って良いでしょう。

それだけ見分けるのが難しいのであれば、それはそれで1つのダイヤ製品として購入しても良いのではないかと思うかもしれません。しかし、コーティングを被せる元のダイヤはグレードが低いものです。ダイヤモンド買取の査定でも良い結果はありませんので、売却時の価格は低いものになるでしょう。購入をするとそれだけで損をしてしまう物と言えます。

また、偽物と分かった上で購入するなら良いだろうとも思うかもしれませんが、コーティングダイヤモンドは加飾ではなく、粉飾を施したものです。見た目を良くするためではなく、見た目を誤魔化すために加工を施したものですから、購入するのは偽物と分かって行うのではなく、偽物に惑わされているだけと言えます。コーティングダイヤモンドは巧妙な偽物ですので、騙されないように十分に注意しなければいけません。

PRサイト

ダイヤモンド買取の業者を徹底比較

ダイヤモンドの買取ならダイヤモンド・金・銀・銅など無料査定

信頼できるダイヤモンド買取店市場