輝石の王様ダイヤモンド

永遠の輝きダイヤモンド

ダイヤモンド買取の知識。ダイヤの持つ高い硬度と靭性

ダイヤモンド買取の場では、ダイヤモンド買取の専門家はダイヤの持つ高い硬度と靭性とを意識して宝石を取り扱っています。ダイヤの性質は意外と知られていないもので、知れば知るほど面白いものと言えます。

まず、ダイヤの硬さです。ダイヤは地球で最も硬い物質と言われていますが、その話の裏付けとなっているのはモース硬度と呼ばれる鉱物の硬さを示す尺度です。鉱物同士を擦り合わせて、どちらの鉱物に傷がつくかで鉱物の硬さを調べます。ダイヤはこの尺度で最も硬い鉱物であり、地球で最も硬い物質という話を裏付けているものです。

ダイヤはこの硬さを利用して工業利用が進んでいますが、生産活動で鉱物の硬さを調べるには、この尺度は使いにくい事があります。そこで、代わりに用いられているのがヌープ硬度です。ダイヤ製の先端がついた棒を調査したい物へ押し込んで、へこみ具合から硬さを調べます。この方法でもダイヤは最も硬い鉱物であり、やはり地球で最も硬い物質という話を、科学的に裏付ける結果が得られます。

ダイヤはこの硬さを利用して様々な形で利用されています。例えば、ナノインデンテ―ションという測定方法に使用すると、極めて薄い皮膜の強度を調査する、といった使い方ができるものです。家庭にあるブルーレイやDVDのディスクの保護被膜も、こうした試験によって強度が調べられています。ダイヤがなければ、ブルーレイやDVDは、今よりずっと利用しにくいものだったでしょう。

次に、ダイヤの靭性です。靱性とは聞き慣れない言葉かもしれませんが、簡単に言えば、粘り強さになります。ダイヤは粘り強さも高いものですが、実はルビーやサファイアといった鉱物に比べると一歩劣るものです。また、劈開性という特定の方向に割れやすい性質があります。

ダイヤの靭性や劈開性は、ダイヤを加工する為に重要な要素となっています。この2つの特徴があるからこそ、ダイヤ職人はダイヤを綺麗な形にカットできるからです。もし、ダイヤの靭性がもっと高く、劈開性も無いのであれば、ダイヤの加工は今よりずっと難しく、ラウンドブリリアントカットのような綺麗なカットも発明されなかったかもしれません。

一方で、これらのダイヤの性質は、ダイヤモンド買取の場では少々厄介な一面もあります。ダイヤモンド買取の場では、ダイヤモンド買取の専門家が数多くのダイヤを取り扱っていますが、ダイヤが硬い為に、他の宝石と一緒にしておくと引っ掻きあって表面に傷がついてしまう恐れがあります。また、ダイヤの靭性や劈開性の為に、他の宝石と混ぜて取り扱うと、ダイヤが欠けてしまう事もあるのです。

この為、ダイヤモンド買取の場では、ダイヤがぶつかりあったり擦れあったりしないように、ダイヤは1つずつ大切に取り扱われるのです。

PRサイト

ダイヤモンド買取の業者を徹底比較

ダイヤモンドの買取ならダイヤモンド・金・銀・銅など無料査定

信頼できるダイヤモンド買取店市場