輝石の王様ダイヤモンド

永遠の輝きダイヤモンド

ダイヤモンド買取と現存しない126ファセットが特徴のダイヤモンド

ダイヤモンド買取が高い人気と需要を誇っているのは、ダイヤモンドがとても魅力的な宝石だからと言えます。ダイヤモンドは屈折率が高いという特性により大変美しい輝きを持っており、結婚指輪などの贈り物や、自分の価値を高めるためのアクセサリーとしてなど、幅広い世代の人たちから高い人気を得ています。

そんなダイヤモンド製品を持っている人の中には、まとまったお金が必要になったり、もう自分では使わないので手元に置いていても仕方がないなどの理由から、売りに出したいと考える人がたくさんいます。そんな人たちはダイヤモンド買取を利用すると、多くのジャンルのものを一挙に取り扱う一般的なリサイクルショップや、インターネットのオークションを利用するよりも高い金額で売れる可能性が高いため、ダイヤモンド買取の業者は人気があります。ダイヤモンド買取の業者には専門的な知識持ち、現場での経験を積んだ鑑定士がいて、彼らの鑑定眼によって適正な価値を反映した金額を付けてもらえるからです。

さらにダイヤモンド買取の業者の多くは店舗まで自分で売りたい品物を持って行かなくても、鑑定士が自宅を訪問してくれたり、宅配便で送ることで誰とも顔を合わさないで買い取ってもらえたりと、売る側の希望に応じた方法を用意しているという点も好評です。 昔から数多くのものが世に送り出されているダイヤモンドの中でも、大きさや美しさによって特に名前が知られた伝説的な宝石がいくつかあります。

現存しないフロレンティンというダイヤモンドはその中でも代表的なものの一つです。フロレンティンはインドが原産で大きさは137.27カラット、レモン・イエローのカラーと変則的な126ファセットのカットが特徴とされています。ファセットとは幾何学的に小さい面を組み合わせるカット法で、屈折率と透明度の高い宝石に多く用いられています。

このフロレンティンは15世紀にブルゴーニュ公だったシャルルのために研磨されましたが、彼が戦死した後に様々な人のもとを渡り歩き、17世紀の半ばにローレンスのメディチ家の所有物になったと言われています。メディチ家が断絶した後の18世紀にはこれを相続したハプスブルグ家の王冠に付けられ、その後はブローチになりました。

そのハプスブルグ家が崩壊した際にスイスに亡命した皇帝カールI世が持って行ったと言われますが、現在はその行方は不明となっています。このような数奇な運命をたどったこの宝石は、現存しないにもかかわらず今でも多くの人の心を惹きつけています。

PRサイト

ダイヤモンド買取の業者を徹底比較

ダイヤモンドの買取ならダイヤモンド・金・銀・銅など無料査定

信頼できるダイヤモンド買取店市場